ADHD(注意欠如・多動性障害あるいは注意欠陥・多動性障害)、ADD(注意欠陥障害)


不注意と、過活動、衝動性を主症状とする障害です。不注意のみで過活動や衝動性がみられない場合は、ADDとも言います。
基本的には幼少期に起こる障がいであり、集中困難・過活動・不注意などの症状が通常12歳までに確認されることが診断には必要となります。ただし過活動や衝動性が顕著でないADDの場合、幼少期には周囲が気付かない場合もあります。
不注意には、次のような症状があります。
①簡単に気をそらされる、細部をミスする、物事を忘れる、作業を頻繁に他の事に切り替わる。
②ひとつの作業に集中し続けるのが難しい。
③その作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる。
過活動には、次のような症状があります。
①じっと座っていられない。小学校に上がった時に授業中動いてしまうことで気づかれます。
②いつもそわそわと動いている様子があります。おとなしく座っているべき時に、手遊びなどを始めてしまいます。
③目につくもの注意を奪われ、すぐに走り寄ったり触ろうとしたりします。
衝動性の症状としては
①順番をおとなしく待つことができません。
②結果を予想せずに、我慢をできずに突発的な行動をとることがあります。突然飛び出して事故にあうこともあります。
③急に人の話に割り込んだり、人の作業に手出しをしたりします。

これらの症状の結果として、社会に適応できず能力はあるのに職に就けなかったり、落ち込んでうつになったり、人が怖く対人関係を断ち孤立してしまうことがよくあります。

治療としては薬物療法、教育的な治療法があります。まずは正しい診断をうけ、対処法を知るだけでも良くなる方向へ進むことができます。 薬物としては近年、新しい薬物が使えるようになり、ケースによっては著しい改善を見ることもあります。まずはご相談ください。