ひきこもり、不登校


ひきこもり、不登校の治療は同一法人の「あしたの風クリニック(船橋市)」で行っております。
ひきこもりとは主に思春期・青年期に起きる問題で、6か月以上自宅にひきこもり社会参加をしない状態が続いているが、ほかの精神障害がその原因とは考えにくいものを言います。
医療法人社団爽風会では30年近く、ひきこもりの治療を行い、多くの方がひきこもり状態を脱するお手伝いをしてきました。
1999年には世界初の「ひきこもりデイケア」を開始し、ひきこもり治療の最先端を行く医療機関として認められています。
あしたの風クリニックではデイケアを週5回実施しています。参加は強制的ではなく予約は不要です。まずあしたの風クリニック外来を受診し、利用についてご相談ください。

プログラムには次のようなものがあります。
① シリアスミーティング
自分の体験を話したり、他の人の意見を聞いたりするミーティングです。悩みを共有することで視野が広がり、思いがけない気づきが生じることもあります。
② スキルアップグループ
「弁証法的行動療法 DBT」の、集団スキル・トレーニングを応用したプログラムです。
「感情のコントロールがうまくいかない、対人関係の悩みや困難を感じている、衝動的な行動をコントロールできない」などといった問題を抱えている人が、問題に対処する"スキル"を身につけることでコントロールできるようになることを目標とします。
③ 認知行動療法
楽しみながら認知行動療法の基礎を学ぶ、入門プログラムです。
④ SST
日常生活での問題や課題をテーマに話し合い、問題解決を出し合うグループです。
⑤ ベルカントセラピー
プロの声楽家の先生を講師として招き、発声と歌の練習をします。発声練習では、ストレッチや呼吸法を取り入れており、大きな声が出せるようになるだけでなく、感情にも良い影響を与える効果があります。
⑥ その他のプログラム
坐禅、陶芸、スポーツ、農作業など、それぞれひきこもりの特性を生かしたプログラムとなっています。

あしたの風クリニック(船橋市)の外来・デイケアでは積極的にひきこもりの治療を行っています。まずは外来受診をしてください。予約の電話番号は047-429-3111です。火曜日から土曜日までの午後2時から5時まで電話を受け付けております。他の医療機関を受診中の方は、紹介状を御持参下さるようお願いいたします。

   

デイケアは社会との接点を取り戻すために非常に有効な方法です。

   

本人抜きでのご相談は、医療機関では承っておりません。ご当人が受診できず、家族・関係者の方のみの相談をご希望される場合は、関連の相談機関こころのドア船橋に御相談ください。