心的外傷後ストレス障害(PTSD) 急性ストレス反応(障害)


心的外傷後ストレス障害(PTSD:Post Traumatic Stress Disorder)は、強い精神的ストレス、心理的なショックにより引き起こされます。震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。
突然、怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛がある、眠れないといった症状が出てきます。とてもつらい体験によって、誰でも眠れなくなったり食欲がなくなったりするものですが、それが何カ月も続くときは、PTSDの可能性があります。ストレスとなる出来事を経験してから数週間、ときには何年もたってから症状が出ることもあります。
PTSDでよく見られる症状には次のようなものがあります。
突然、つらい記憶がよみがえる:事件や事故のことなどすっかり忘れたつもりでいても、何かのきっかけでその当時の記憶がよみがえります。映画を見ているように生々しく、圧倒されるようなリアルな回想であったりします。時にはきっかけなしに、つらい体験の時に味わった感情がよみがえります。同じ悪夢を繰り返し見ることもPTSDによくある症状です。
常に神経が張りつめている:つらい記憶がよみがえっていない時ですら、常に緊張が続き、神経が敏感になっており、ささいなことで驚きやすい、警戒心が強くなる、ぐっすり眠れない、などの過敏な状態が続くようになります。
つらい記憶を呼び起こす状況や場面を避ける:つらい記憶を思い出すきっかけがたくさん潜んでいます。多くの場合、何度も記憶を呼び起こすうちに、そうしたきっかけを避けるようになります。避けて過ごすことで社会生活上困る場合もあります。
感覚が麻痺する:つらい記憶に苦しむことを避けるために、感情や感覚が麻痺することもあります。そのために何も楽しく感じられなくなったり、生き生きとした感情を伴わなくなったりします。
こうした状態が少なくとも一か月以上続く場合、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されます。一か月に満たない場合、急性ストレス反応(障害)と診断されます。一か月で区別するのは、ストレス、ショックを受けても一か月以上症状が長引くことは多くはないからです。またストレス、ショックを受けてもすべての人がこのような症状に見舞われるわけではありません。