産業医とは

企業等において、労働者の健康・衛生を守り、健康管理等の業務を行う医師のことを言います。
労働安全衛生法によれば
産業医は、医師であって、労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について、厚生労働省令(労働安全衛生規則第13条の2)で定める以下の要件を備えた者でなければならない。
1.労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識についての研修であって厚生労働大臣の指定する者が行うものを終了した者
2.産業医の養成等を行うことを目的とする医学の正規の課程を設置している産業医科大学その他の大学であって厚生労働大臣が指定するものにおいて当該課程を修めて卒業した者であって、その大学が行う実習を履修した者
3.労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験の区分が保健衛生であるもの
4.学校教育法による大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授又は講師(常時勤務する者に限る)の職にあり、又はあった者
5.その他厚生労働大臣が定める者
産業医は、労働者の健康を確保するため必要があると認めるときは、事業者に対し、労働者の健康管理等について必要な勧告をすることができる。
事業者は、当該勧告を受けたときは、これを尊重しなければならない。
また、産業医は、自己の職務に関する事項について、総括安全衛生管理者に対して勧告し、又は衛生管理者に対して指導・助言することができる。
詳しくはこちらをクリックしてください。