統合失調感情障害


統合失調症の症状と、気分障害(感情障害)の症状の両方がみられる疾患です。躁、うつなど気分障害の症状が無く、気分的に安定しているときに、幻覚、妄想などの症状がある場合にこの診断がつけられます。若干女性に多く見られるのが特徴です。発症は若い方に多いです。
治療は気分障害と同じく気分安定薬を使いますが、症状に応じて統合失調症と同じように抗精神病薬を使います。