心の風クリニック待合室デイケアワークルーム

心の風クリニックの医師は全て精神療法、薬物療法などの専門教育を受けたこころの専門家です。丁寧にお話を伺い、薬物はなるべく少量の使用にとどめます。多数の専門医と各種専門スタッフがおりますので、何でもご相談ください。

初診の方へのお願い(是非お読みください)⇒こちらをクリック

公務員の方へ:診断書作成に医師2名の診察が必要な場合があります。当院なら一度の受診で作成可能です。詳しくはこちらをクリックしてください。

医師募集 詳しくは、こちらをクリックしてください。

 

リワーク・うつ病復職支援デイケア

 

主にうつ状態で休職中の方を対象とした専門治療プログラムです。認知行動療法、集団精神療法など、様々な治療法からなる統合的なプログラムです。 月曜日-金曜日の朝9時半から夕方4時までのデイケア形式の治療です。

当院は、うつ病復職支援デイケアの団体である「うつ病リワーク研究会」の正会員です。

今お申し込みいただければ、インテークのプロセスが済み次第、すぐにスタートできます。

 

千葉・外来

月曜日から金曜まで、朝9時半から夕方7時まで診療を受け付けます。当日受診可能。初診の受付は、原則として夕方6時までとさせていただきます。
(土曜日は完全予約制外来です)
夕方は込み合います。早めの時間の御利用をお勧めいたします。初診の方が多い場合、遅くにいらした方は大変長くお待たせすることがあります。

「日本精神神経学会専門医+厚生労働省精神保健指定医+産業医/労働衛生コンサルタント(産業医上級国家資格)」が多数勤務しております。会社のストレスなどでお悩みの方はご利用ください。産業医の経験を生かし、復職までサポートします。

女医は3名おります。診療時間についてはお問い合わせください。
当院は「千葉県職員こころの相談」「千葉県教職員こころの相談」指定医療機関です。
当院は働く人のこころの専門家である「日本精神科産業医協会」の会員です。  

 

船橋・外来

月曜日から金曜まで、朝9時半から夕方7時まで診療を受け付けます。当日受診可能。
初診の受付は、原則として夕方6時までとさせていただきます。
夕方は込み合います。早めの時間の御利用をお勧めいたします。
初診の方が多い場合、遅くにいらした方は大変長くお待たせすることがあります。初診の方は比較的空いている月曜日午前のご利用をお勧めします。

こころの専門医のうち、女医は3名、産業医/労働衛生コンサルタントは2名、精神保健指定医は7名おります。それぞれの診療時間についてはお問い合わせください。

学会等で医師が臨時の休診をする場合も、必ず他の医師が代診を致します。土日、祝日、年末年始を除き、休診日はありません。

関連施設

心の風クリニック(千葉/船橋)では中学生以下の診療は行っておりません。未成年の方は思春期・青年期を専門とする当法人の「あしたの風クリニック」(船橋市)をおすすめします。 あしたの風クリニックには児童精神科医もおり、子供のこころの治療も可能です。 筑波大学斎藤環教授によるプログラム「ひきこもりデイケア」認知と感情の歪みに焦点を当てた「集団認知行動療法」感情の調節や衝動性のコントロールに焦点を当てた「弁証法的行動療法(DBT)」など専門治療プログラムを実施しています。

関連施設のこころのドア船橋では、臨床心理士によるカウンセリングを実施しております。詳しくはこちらをクリックしてください。

当院は 千葉大学医学部精神医学講座・千葉大学認知行動生理学教室・千葉大学子どものこころの発達研究センターと共同で、認知行動療法の普及に努めています。

 

NEWS

千葉
高橋医師が土曜日(7月14日(土)28日(土)8月4日(土)25日(土))に完全予約制の外来診療を行います。診療時間は9時半開始~15時外来受付終了です。電話で新患の予約(平日10:00~18:00、土曜日(高橋医師の診療のある土曜日のみ)10:00~13:00)をお願いします。平日は今まで通り予約不要ですが、土曜日は普段受診されている方でも予約無しの方は診療できませんのでご注意ください。
中里教授の診療日は6月28日(木)7月12日(木)26日(木)8月9日(木)23日(木)になります。
休診のお知らせ

船橋
休診のお知らせ
関医師は6月28日(木)休診いたします。
大岩医師は7月11日(水)休診いたします。
早川医師は7月25日(水)休診いたします。
いずれも他の医師が代診可能です。

病気・症状についての情報

 
クリックしてください。それぞれの解説のページにリンクしています。

次のようなことでお困りの方はご相談ください
・気持ちが悲しくなったり、憂うつになる。
・何をするのもおっくうで、気力が萎えてしまう。
・気持ちが沈んで、何もやる気が起きない。
・何をやっても楽しめず、笑顔がなくなった。
・不安を感じ落ち着かない、心の余裕がなく、些細なことでいらいらする。
・焦ったりイライラしたりしやすい。
・朝起きるのが苦痛で、学校に行けない。職場に行けない。
・体が重い。起き上がれない。
・眠れない、寝つきが悪い、熟睡できない。
・夜中や早朝に目が覚めてしまう。朝すっきりしない。
・食欲がなく、痩せてきた。
・考えがまとまりにくい。頭が整理できない。
・物忘れがひどい。記憶力が急に衰えた。
・突然の不安や恐怖心、動悸や呼吸困難のために生活に支障がある。
・電車、バスなどの乗り物、映画館など自由にその場を離れられない状況が怖い。
・人前に出たり、注目を浴びる場面が怖い。
・極端なあがり症で汗がとまらない、ドキドキする。
・検査では異常がないのに、痛み、めまい、胃腸の不快、下痢がある。
・身体の不調がとれない。
・性格や対人関係・人間関係で悩んでいる。

認知症アルコール依存症、薬物依存症への専門的な対応はいたしておりません
漢方薬について